読書好きな子どもにする3つの方法

図書館へ通うのもおすすめ

色んなジャンルの本に出会える

どんな本に興味をもつかわからない段階で色々と購入するのは保管場所も費用面でも大変です。
子どもの興味や成長に合わせて必要な本や興味も変わりますし変化には敏速に対応していきたいものです。
図書館ならば、借りて返却するを繰り返しているうちにいつの間にか、色んなジャンルの本と出会う事ができます。
本を購入する為の費用や置き場所を気にすることもなく、沢山の本を読むことが出来るので是非活用してみてください。
本屋さんでは見かけない古い絵本も置いてあって懐かしく感じる本もあるかとおもいます。
昔自分が好きだった本を読み聞かせるのも楽しそうですね。

読書スペースもあって、そこには本を読んでいる人や勉強している人が沢山います。
そういった環境に連れて行くだけでも子どもは刺激を受けるはずです。

図書館は本を好きになる工夫がいっぱい

図書館は本のプロフェッショナルが勤務しています。
本を読んでほしいのになかなか読んでくれない、どんな本から読ませたら良いか悩んでしまったらプロフェッショナルに相談してみると良いですね。

また、図書館では小さい子向けから大人向けまで様々なイベントを開催しています。
小さい子ならママの膝に座りながら読み聞かせのイベントに参加してみても良いですね。
家でママが本を読んでも他に気が散ってしまって聞いてくれなくても、こういった場では話を良く聞くという事があります。
自宅で煮詰まってしまったら環境を変えてみてはいかがでしょうか。

図書館の壁面には本のアドバイスも掲示していますから、行くだけでも何かヒントがもらえるかもしれません。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ