読書好きな子供にする3つの方法

読書好きな子どもにする3つの方法

親が積極的に関わる

子どもが本を好きになってくれたら考えられるメリットがいっぱいありそうです。

例えば、国語の授業で理解する力が高まる、読書力が身につくことは他教科でも役に立つ、本を読む習慣は集中力を高める、他人の気持ちや自分の気持ちを考えることが出来る、表現力が身に付くなど、学力のサポートから精神性、社会性を磨く事ができるでしょう。

ですが、本が好きになって欲しいと願うだけでは、子どもは本を好きになれません。
さらに今はゲーム機やインターネットなどが普及して娯楽が溢れかえっています。
スマホやゲーム機の操作も小さい子でも自分で出来ますし、動画サイトから自分の見たい動画を見つけ出すなんてお手の物です。
誘惑が多い中で本を好きにさせるには一筋縄ではいかないかもしれません。

子どもはどうしたって手軽で楽しい物を好み興味を持ってしまうものですし、だからといって今の時代の中でゲーム機やインターネットから断絶して生活するのは難しいですよね。

今の時代で便利な物は上手に取り入れつつも、本を読む事も好きになってもらえるのが理想的です。

小さい子は親からの影響を受ける時期です。
親が本を好きになれるような関わり方や環境を整えてあげる事で、本に興味をもって
くれるでしょう。
その中で、読書を楽しめる工夫を取り入れていくと自然と本の魅力にはまっていくかもしれません。

そうなってもらうためにも、子どもを本好きにしようとするなら親の意識改革が大切なのかもしれませんね。


ページの
先頭へ